2008年05月22日

毎日おしっこ話ですが・・・

今日はちょっとだけ嬉しいかな?って話です。

普通に立てていた時、おしっこする時はお尻をちょっと下げてって感じでしてたんですよね。
男の子ですが、長男坊ホクトと違って、ヤマトはマーキングをほとんどしない子なので、外では大体この体勢でおしっこをしていたわけです。

昨日の日記に、「おしっこを絞らせない!」と書きましたが、本日も圧迫方式ではイヤがってうまく出来ない為、カテーテルに頼ることに。
ただ、このカテーテルも善し悪しで、膀胱の中に溜まっているものを全て抜けるという利点はありますが、カテーテルを入れたり抜いたり・・・を繰り返すことによって菌が入り込んだりして膀胱炎になったりすることもあるらしいのです。
カテーテルはもちろん毎回、ちゃんと消毒していますが・・・

そんなわけで、極力、手で絞るようにしていますが、前記したようにここ最近、やらせてくれません。

で、本日、ちょっとビックリしたことが起こりました。
いつものように、支えながら後ろ足を地面につけて立たせた状態で絞ろうとしたら、ヤマトさん、

「後ろ足を伸ばしたんですよ」

お尻を持ち上げるっていうのかな?
そんな感じで足を自分で伸ばし、またお尻を落としておしっこをしたんです。
もちろん支えているので、「自分で立った!」ってわけではないんですが、足は間違いなく、自分の力で伸ばしたんです。

これも進歩ですよね?

大喜びをしたわけですが、ハッと気づいたわけです。

「同じ事をすればもしかしておしっこが出る?」と。

やってみましたとも・・・(笑)
まず立たせ、お尻をちょっと引き上げ、そして下げる・・・

いや〜、ビックリするほどジャージャーと出してくれました。(笑)

お尻を少し落とすのは、元気な時にしていた体勢です。
きっと、それを覚えているんですよね。
「オレは、この体勢じゃないとおしっこが出ないんだよ」と。

ほんのちょっとのことですが、日々進歩しているような気がします。
目の錯覚でも、あたしがボケたわけでもなく・・・(笑)
「絶対に足を伸ばしたんだから〜」


ニックネーム かおりん☆ at 04:27| Comment(0) | ヤマトのヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント