2008年05月21日

逆襲はさらにヒドくなり・・・

退院してきた直後より、おしっこに追われています(涙)

昨日も書きましたが、ヤマトさん、おしっこを絞らせなくなりました。
今日はさらにヒドいです。

昨日まではそれでも絞らせていたんですよね。
が・・・今日は全くダメです。

「ヤマトぉ、おしっこするよ〜」

と同時に逃げます・・・前足だけで素早く。(笑)
もちろん、垂れ流し状態です。
で、絞ると・・・

「ピュッ!」

これだけ。(笑)

「まだ出るよ〜」と必死に絞りますが、1滴も出てきません。
逃げながら出てたし、寝ながら勝手に出ちゃってたようなので、もうホントに膀胱には入ってないのかなぁ?なんて思い、お腹周りを拭いてそのままにさせていると・・・

ヤマトの座っている下には、おしっこ・・・

勝手に出てくるということは、膀胱にまだ溜まっているということなので、また絞ると・・・

「ピュッ!」

今日はこれの繰り返しです。

もうこうなりゃカテーテルだ!と、初めて1人で挑戦してみました。
カテーテルを入れる時にはヤマトを横にさせて、誰かが押さえてくれていないと出来ないのですが・・・

できました、1人でも。(笑)



ステロイドの量が減ったので、お水を飲む量も必然と減りました。
それでも、今までと比べればかなり飲むので膀胱がパンパンになるのも早い・・・
けど、絞らせない。
今までは、膀胱を押していると自然とジャージャー出てきたのに、出て来ないのは何故でしょう?
ヤマトがお腹に力を入れているのでしょうか?
ほんの少しかもしれないけれど、「今はしたくないの!」と自分でコントロールできるようになったのでしょうか?

そんなわけないよな〜・・・だったら、自然には出てこないしね。

う〜ん・・・困ったもんだ

ニックネーム かおりん☆ at 02:38| Comment(0) | ヤマトのヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント