2008年05月19日

退院後

おしっこに追われています。(笑)

退院後すぐはカテーテルを入れることなんて全然出来ず、いつも行っている病院で手で絞る方法を教えてもらいましたが、これもうまく出来ず・・・

いつも行っている病院の先生が、発症した時にお休みで診てあげられなかったことを申し訳なく思っているらしく、突然飛び込んだ最初に処置してもらった病院の先生から連絡を貰ってビックリし、すぐに電話をくれたほど・・・気にしているようです。(笑)
「諸角先生に手術して頂いたと聞いて安心しました」
と少し安心したようですが・・・
「先生、そんなに気にしないで下さい。
 お休みだったんですから仕方なかったことですし」
と言っても・・・やけに親切です。(笑)

そんなわけで、最初の2日間は「こちらで抜きますよ」というお言葉に甘えて、ヤマトのおしっこを抜いてもらっていました。
やっぱりあたしがやるのと、先生がやるのとでは全然違います。

けど・・・パパが思いの外、おしっこ絞りが上手くできるようになりました。
先生にまるで弟子入り(笑)したかのように通いつめ、完璧にマスターしてくれました。

とは言っても、抜いた分だけ水を飲み・・・ですので、1時間もすると膀胱がパンパンになるらしく垂れ流し状態です。
家がおしっこだらけになるのは全然構わないのですが、ヤマトにツライ思いをさせるのだけは避けたいと・・・寝られない日々。

そんな日が数日続き、かなり疲れていましたが・・・
慣れちゃうもんなんですね〜。(笑)
知らぬ間に、手で絞ることも、カテーテルで抜くことも、完璧になってます、あたし(笑)
それでも水をカブカブですので、すぐに垂れ流し状態になりますが、出来るようになったというだけで気持ちに余裕が出来ました。

フローリングの上にタイルカーペットを敷いていた我が家。
後ろを引きずりながら歩くヤマトには、タイルカーペットはダメといつも行っている病院で言われました。
かなり擦れるらしく、その上にキルティングのラグなんかを敷いてあげると軽減できるということ。
何だか、家の中が大変なことになっています。(笑)
つぎはぎのように、柄の違うラグを敷き詰めています。(笑)
おしっこですぐに汚されますので、洗濯にも追われています。

思っていたよりも大変な日々が始まりましたが・・・
ヤマトが日に日に元気になっています。
前足だけで移動するのもとても早くなりました。(笑)

一方のホクトさんですが・・・
ストレスからか、仮病を使うようになりましたが、今では慣れたらしく、ヤマトに喧嘩を売るようになりました。(笑)

ざっとですが、発症からまとめてみました。
今後は、日々のことを綴っていきたいと思います。

ニックネーム かおりん☆ at 03:58| Comment(0) | ヤマトのヘルニア | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント