2008年10月29日

お引っ越し

アメブロへお引っ越し〜♪
新しいアドレスは

http://ameblo.jp/hokuyama/

です。
今後ともよろしくです。

ニックネーム かおりん☆ at 17:51| Comment(13) | その他モロモロ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月15日

病理の結果・・・

ヤマトの病理の結果が出た・・・

「扁平上皮癌」

癌でした。

ネットで色々と調べてたんだけど、きっとコレなんだろうなって思っていたし、3人の先生に「悪性の可能性の方が高い」と言われていたので覚悟はしていたけれど・・・。

ただ、幸いのことに、切断した部分の境界線(切った場所・くっついていた所)周辺の組織には癌細胞が見つかりませんでした。
腫瘍の部分しか癌細胞が見つからなかったので、最悪のことを見越して大丈夫な組織を含めてかなり大胆に切断してくれた先生のお陰だと思ってます。

扁平上皮癌は、進行が早い癌らしく、ヤマトのように足(爪)に出来たものは他所にできるものよりも進行が早いそうです。
発症原因としては、太陽の光が挙げられてます。
黒いワンちゃんに比較的多く、小型犬よりも大型犬、8歳〜9歳位で発症する子が多い癌らしいです。

進行が早いと言われていても、ヤマトの場合は今現時点では他の組織に転移をしている場所はありませんでした。
指は無くなっちゃったけれど、「悪い部分は全て取り切れた」ということになります。

「良かった・・・」と思う。

今後も不安はずっとつきまとうけれど、経過観察をキチンとして、転移や再発をしたら、その時その時で考えていこうと思ってます。


と・・・
ヤマトの切断した指ですが・・・

「やっぱり返してくれないみたい(笑)」>ぺこ姉

処分するくらいなら、返して欲しかったのにな〜って本気で思ってたのに。(笑)

土曜日には抜糸の予定です♪
ニックネーム かおりん☆ at 14:32| Comment(2) | ホクト&ヤマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年10月11日

指の切断

報告が遅くなっちゃいましたが・・・
10月6日の月曜日、ヤマトの右後ろ脚中指の切断手術をしてきました。

朝起きたら雨・・・
「車の運転はコワイし・・・」
「カートだと濡れちゃうし・・・」
と、ヤマトをどうやって病院に連れて行こうかと悩んだ結果・・・

楽天イーグルスカッパを着て(ちなみにファンでございます(笑))抱っこをして連れていきました。
4.6sのヤマトを抱っこして15分も歩けば・・・腕が取れそうになります。(笑)
ちなみに雨が降っていて連れていくのが大変だろうと思ったパパが、事務所から帰ってきてくれてたんですわ。
何度も電話をしたらしいですが、ワタクシ携帯を家に置いたまま出かけちゃったのよね。(笑)

病院に着いた途端、奇声を上げているヤマトさん。
絶叫です。(笑)
何かを察しているらしく、診察室に入った途端にアタシに必死にしがみついてます。
後ろ髪を引かれる思いで置いてきました。
家に戻っても気になって気になって・・・ひたすらホクトを撫で回していました。
夕方、すでに麻酔から覚めていることと、切断した指を病理にすぐ回すので見に来ますか?と電話を貰い行ってきました。

骨を削っての切断ではなく(表現が合ってるかな?)関節から外した(これも表現が難しいんだけど)ので、思っていたよりキレイな指でした。
そのままポンッと引っこ抜いた感じ?
病理の結果は2週間くらいみたいです。

すでに受付で、「ヤマちゃん、鳴きっぱなしです」と言われてたので覚悟はしてましたが・・・
「会っていきますか?」と言われ、顔を見せてまた置いていくのもかわいそうだし・・・と、ヤマトが見えない所から様子だけ見て帰ろうと入院室へ。
点滴をされながら寝ていたヤマトを遠目で見たのですが・・・

「ウワッ!気付かれた(笑)」

そこからはヒンヒンとありえない声で絶叫しまくり、気付かれちゃ仕方ないと近くに行くと、まだトロ〜ンとした目で必死にもがいています。
「明日の朝一番でママがお迎えにくるから、今日はここでネンネしてね」
と言ったところで、
「オレ、帰る〜〜!」と必死です。(笑)
あまりのスゴさに、お隣のワンちゃんや、上のワンちゃん、下のワンちゃんたちも「うるせーよ!(笑)」と迷惑そうにしてるし・・・

あまりのヤマトに凄さに「連れて帰りますか?」と先生。(笑)
抵抗の甲斐もあって(笑)ヤマトは病院にお泊まりすることなく連れて帰ってきました。

もう少し点滴をした方がいいということで、その間は入院室にアタシが付いていて、パパは車を取りに家へ。
家に着いた途端、やはり手術の疲れなのかグッスリと寝てました。

っと・・・
この日は「一人っ子満喫中〜♪」となるはずだったホクトさん。
「ホーくん、ヤマトに近寄っちゃダメ!」
「ホーくん、こっちに来てなさい!」
とうるさく言われ、挙げ句にヤマトがお水を飲んでいい時間になるまでお水まで片付けられ・・・
「ボク、迷惑なんですが・・・」と言った感じでした。(笑)

その日の夜中、おしっこを絞ろうとヤマトを抱き上げると・・・下痢のウンチが大量。
パパを叩き起こし、ヤマトを拭いてウンチを片付けてと・・・
朝一番で病院に行くハメに。
抗生物質のせいだったみたいです。

と、それから数日たった本日金曜日。
ヤマトの包帯の交換に病院へ。
指が無くなった足をはじめて見ました。

う〜ん・・・何て言うのかな?
指が無いって分かってるから「あ〜、無くなっちゃったな」って感じだけど、知らない人が見たら「何か変?」と少し思うかもしれないけど気付かないと思います。
傷口はキレイに塞がってますが、包帯をしてる為かグチュグチュしてて・・・
これがヒドクならないといいけど・・・

そんなわけでヤマトさんは、元気です。
よく食べ、よく遊び・・・ホクトにケンカも売り。(笑)
包帯で足が一回り大きくなっているのが上手い具合に安定感があるらしく(笑)術前と同じように立ててます。

心配かけちゃってゴメンナサイ。
つい5ヶ月前にヘルニアの手術をし、「立つこともできない」と思われていたのに歩いているとは言えないけれど4本足でお尻を浮かせて移動できるようになった矢先に出来た「足の腫瘍」。
悪性の可能性が高いということで指を切断することを決断し、また手術。
病理の結果はまだ出ないけれど・・・確率的に「悪性」なのでしょう。
もしそうだとしても、1つ1つ乗り越えていく覚悟も出来、また、ヤマトは乗り越えていってくれると信じています。
大きな手術をこの数ヶ月の間に2回もすることになったけれど・・・

953319476_231.jpg

「ヤマちゃんは青いのが似合うねって先生が青い包帯巻いてくれたよ。
 でもね、その前はピンクが似合うってピンクだったの。
 ピンクの前は赤だったよ。
 先生は口がウマイんだよ。
 ボクは元気だからね〜!」





ニックネーム かおりん☆ at 03:17| Comment(0) | ホクト&ヤマト | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする